船上城跡(ふなげじょう-)

情報

船上城跡画像No.1

名称
船上城跡
撮影年月日
2003年3月4日
場所
兵庫県明石市神明町 明石警察署のすぐ西
種類
城跡
時期
1441年(室町時代)〜1619年(江戸時代初期)くらい?
盛り土と祠がある程度
データの出典
新明石の史跡 1997年7月1日発行
明石市史 上巻 昭和35年(1960年)3月31日発行

怪説

最初の写真について

明石川の河口、西側にある船上城跡です。「ふながみ」と書いて「ふなげ」と読みます。写真中央の木が生えているところが本丸跡……、だったかな?

後ろの茶色い建物は明石警察署です。以前実家の犬が行方不明になった時に来たことがありますが、対応はごく普通でした。保健所の対応はガソリン満載のタンクローラーで今すぐ突っ込みに行かねば! と思わせるものでしたよ。たまたまモノの言い方を知らないおやじに当たってしまっただけかもしれませんが。

室町時代に播磨の赤松氏が元を築いたらしいです。『明石市史 上巻』巻末の年表には、1441年に明石の船上山を城郭に構えた(続太平記巻12)とあります。この年、赤松満祐は将軍足利義教を殺害してます。

キリシタン大名で有名な高山右近等の居城になった後、江戸幕府発足後1617年に小笠原忠真が入城。その後、台地の突端である赤松山に明石城を城築したさいに船上城は解体。『明石市史 上巻』巻末の年表によると1619年1月19日(たぶん太陰暦でしょう)、船上城が焼失(播州明石記録)とあります。

明石城の東側にある巽櫓は船上城から移築と伝えられてます。あと現在明石公園と道を挟んで南にある織田家長屋門も、船上城下からの移築らしいです。

撮影した日から公開まで1年9ヶ月以上たってます……。

写真その2

画像No.2西のほうから見たところ。周りは田んぼや畑なんですが、なんだか意味ありげな段差があります。昔何かあったんじゃないかと思わせるような地形といいますか。

写真その3

画像No.3北から南へと流れる川。堀の跡ですかね? と適当なこと書いてみる。

この川は所々直角に曲がるところがあります。工場建設など最近の開発で川筋を変えたのかなと思ったけど、1947年ごろの地図を見るかぎりは今と余り変わってないみたい。律令時代の条理の名残だったりして。

写真その4

画像No.4木がこんもりと茂っているところに近づいてみます。塚のようになってます。

写真その5

画像No.5中には鳥居と祠がありました。「正一位古城御大神」です。よくわからなくても物凄そうという感じです。まわりは木が生え放題だけど、この額は綺麗ですね。

写真その6

画像No.6鳥居の奥に祠。お稲荷さんみたい。

写真その7

画像No.7祠の足元にあった丸い石。なんでしょうこれは。

祠の中には「船上城址」と彫られた石柱があるらしいんですが、なぜかそれを撮影せずに丸い石を撮影してます。どこがそんなに気になったのか、もう昔の事なので全く覚えていません。写真を撮ったら文章はすぐ書いたほうがいいですね……。

雑文

城というと他には魚住城とか神戸市西区の枝吉城なんてのがあったそうです。室町から戦国時代頃の、実用的な城だったようで。

文書更新履歴

2006年10月1日
位置情報をgoo地図からGoogleマップに変更。
2005年12月10日
情報の「場所」を、goo地図に変更。
2005年9月6日
情報の「場所」を、Googleマップにリンク。地図中心あたりに船上城跡があります。
lf-x1@coomaru.com
公開:2004年12月25日
更新:2006年10月1日
正当な引用の範囲を越える無断転載は一切お断り
Copyright 1999-2007 Mule. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
HTMLメールを送らないで下さい。注意事項を無視したメールは破棄する可能性があります。