鉄砲塚古墳(?)

情報

鉄砲塚古墳画像No.1

名称
鉄砲塚古墳
撮影年月日
2004年12月11日
場所
兵庫県明石市鳥羽 野々池の北端よりちょっと北西
大きさ
不明
時期
古墳時代
古墳じゃなかったみたい
データの出典
明石史資料(考古編)第4集昭和60年(1985年)3月31日発行
特別地域埋蔵文化財 遺跡分布地図及び地名表昭和48年(1973年)3月31日発行

怪説

最初の写真について

明石市の野々池貯水池の北西あたりの写真です。この範囲の畑のどこかに鉄砲塚といわれる塚がある、と思うんですけど……。あるんでしょうか、今も。ちなみに後ろの丘の右端には、たぶん松陰新田古墳群の3号墳があると思います。写真すぐ右には黒星池があり、その奥に野々池貯水池があります。左には亀池貯水池。

『特別地域埋蔵文化財 遺跡分布地図及び地名表』には竪穴式石室を持つ古墳と出ていますが、『明石史資料(考古編)第4集』では、神戸市側にもあるもう一つの鉄砲塚と共に以下のように書かれています。

しかし、これらは二基とも盛土中に粗い礫を多く含み、瓦片等も含んでいることから、古墳の盛土とは考えられず、この盛土に接して存在する溜池を築いた時の排土の集積であると考えたい。

竪穴式石室と書かれてたのはなんだったんでしょう。とりあえず古墳ではなさそうです

写真その2

画像No.2野々池の北端を見たところ。写真右、木の後ろに野々池を囲むフェンスが少し見えます。

崖に、意味ありげでなさそうな溝や穴がありました。

写真その3

画像No.3野々池北端のすぐ西にある溜め池、黒星池の中に浮かぶ島というか塚。アオサギがいましたが、どこかに飛んで行ってしまいました。

この塚のほうが何やら意味ありげな気がしてます。

写真その4

画像No.4更にその近くに亀池貯水池というのがありました。貯水池の周りは立ち入り禁止になってたので下をうろついてたら、池の南端に道標を発見。「右金ヶ崎」と彫られています。

雑文

結局、塚のような場所は池の中以外見つかりませんでした。今もあるのかな?

文書更新履歴

2006年10月1日
位置情報をgoo地図からGoogleマップに変更。
2005年12月10日
情報の「場所」を、goo地図に変更。地図中心は1枚め写真の撮影場所。
2005年9月6日
情報の「場所」を、Googleマップにリンク。地図中心は黒星池の中に浮かぶ島。この池のすぐ上を通る道から北東を写したのが最初の写真。左上の池が亀池貯水池、右下に伸びるのが野々池貯水池の北端。
lf-x1@coomaru.com
公開:2004年12月25日
更新:2006年10月1日
正当な引用の範囲を越える無断転載は一切お断り
Copyright 1999-2007 Mule. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
HTMLメールを送らないで下さい。注意事項を無視したメールは破棄する可能性があります。