文五郎塚古墳(ぶんごろづか-)【消滅】

情報

文五郎塚古墳画像No.1

名称
文五郎塚古墳
撮影年月日
2004年12月13日
場所
兵庫県明石市魚住町金ヶ崎 金ヶ崎神社(黒岩神社)の背後の尾根
大きさ
不明
時期
古墳時代後半:6世紀中ごろ?
1967年の造成工事で消滅
データの出典
明石史資料(考古編)第4集昭和60年(1985年)3月31日発行 より

怪説

最初の写真について

写真は県営住宅金ヶ崎団地です。昔この辺りに文五郎塚古墳というのがあったそうです。

明治39年(1906年)8月23日に地均しした際に遺物や石材が出土。そして昭和42年(1967年)に県営住宅金ヶ崎団地の造成工事で消滅しています。『新明石の史跡』では明治27、8年(1894、5年)頃に整地され、原型を崩したとの話が書かれています。

写真その2

画像No.2西国街道沿いにある金ヶ崎神社の鳥居。この奥に金ヶ崎神社があります。

写真その3

画像No.3金ヶ崎神社。木々の後ろに建つのが金ヶ崎団地。

古墳があったことを示す説明板のようなものは……、探すのを忘れてたのであるのかどうか知りません。またそのうち探しに行こう……。でもここ急な坂道で自転車だとキツいです。

写真その4

画像No.4金ヶ崎団地からさらに上に行くと、石垣の上に金網で囲まれたところがありました。

『明石史資料(考古編)第4集』に以下のような文があります。

現在、金ヶ崎住宅の西側に隣接している住宅地内の一角に、フェンスで囲まれた旧地形が保存されており、「文五郎塚」であると言われているが、黒田の撮影した写真や旧地形などから判断して、その地点が「文五郎塚」でないのは明らかである。

ここがたぶんそうだろうと思い、階段を上ってみました。フェンスの扉が全開になってます。いいのか?

写真その5

画像No.5中を覗いたところ。木が数本生えており、奥に祠のようなものが見えました。一番右にみえるのは県住金ヶ崎団地の給水塔です。

下界の眺めはというと、近くの家の屋根がなかったら非常に良さそうって感じ。近くに家の屋根があったり窓があったりするので、あまり長居すると覗きとか変質者扱いされかねないので、早々に立ち去りました。

『新明石の史跡』には、この場所の写真が団地内の一区画に残されている古墳と書かれて載っています。

また昭和35年(1960年)発行の『明石市史 上巻』には「文五郎塚」として、松らしき木が生えており下草がほとんどない一角の写真が載っています。かなり古そうな写真ですが、もしかしてこれが黒田さんが写したという写真なのかなぁと思ってみたり。その写真の場所とここと一致するかどうかは……、ちょっと判りません。

ちなみにこの場所には「あぶない 危険」という注意書の板はありましたが、史跡の説明板のようなものは見かけませんでした。

写真その6

画像No.6国道2号線金ヶ崎交差点を南に少し行ったところから、金ヶ崎の丘陵を撮影。右のほうに金ヶ崎団地の給水塔がありますがこの画像では見えにくいかもです。ちなみにこの丘陵が明石市内で一番高いところだとか。隣の神戸には931mの六甲山、加古川には304mの高御位山がありますが、明石市には山といえる山がなかったりします。この金ヶ崎も印南野台地の突端にすぎないんだったかな……?

文書更新履歴

2006年10月1日
位置情報をgoo地図からGoogleマップに変更。
2005年12月10日
情報の「場所」を、goo地図に変更。
2005年9月6日
情報の「場所」を、Googleマップにリンク。地図中心は金ヶ崎神社(黒岩神社)。北側に県営住宅金ヶ崎団地があり、そのあたりに古墳があったらしいです。団地の北側を通る道を登っていくと、石垣の上に金網で囲まれた箇所があります。
lf-x1@coomaru.com
公開:2004年12月25日
更新:2006年10月1日
正当な引用の範囲を越える無断転載は一切お断り
Copyright 1999-2007 Mule. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
HTMLメールを送らないで下さい。注意事項を無視したメールは破棄する可能性があります。