中尾新田古墳【消滅】

情報

中尾新田古墳画像No.1

名称
中尾新田古墳
撮影年月日
2004年12月10日
場所
兵庫県明石市魚住町錦が丘三丁目 JR魚住駅東側の丘の上
大きさ
高さ1.5m
時期
古墳時代後期:6世紀前半?
1958年5月に宅地造成工事で消滅
データの出典
明石史資料(考古編)第4集昭和60年(1985年)3月31日発行 より

怪説

最初の写真について

明石市市営魚住住宅の西側に残ってたそうですが、1958年の工事で破壊されたそうです。『明石史資料(考古編)第4集』の位置図は、魚住駅から国道2号線に伸びる道すらない頃のものですが、地形から現在の場所をある程度把握することができます。

魚住駅から線路沿いに明石方面に伸びる道があります。上り坂になってますが、その北側の丘の上にいきました。写真の中央やや左あたりに古墳があったのではないかなと思います。

ここにも説明板の類いは見つかりませんでした。

写真その2

画像No.2JR魚住駅と国道2号線を結ぶ道から撮影。右に魚住駅があります。丘とは2階建の建物の屋上くらいの高度差があります。

写真その3

画像No.3丘の南側を撮影。左に魚住駅があります。

JR魚住駅

JR魚住駅JR魚住駅近くにも横穴式石室があったとの話が伝えられていると『明石史資料(考古編)第4集』に書かれています。仮に魚住駅ができたことで石室が破壊されていたとすると、JR魚住駅が開業したのが1961年10月1日なので、1961年頃消滅ということになります。鉄道の敷設で破壊されたとすると、1888年12月23日に明石−姫路間が山陽鉄道によって開通してますので、1888年以前に消滅ということになります。ちなみにこの山陽鉄道は1906年に国有化されたもので、現在の山陽鉄道ではありません。

しかしこの国道2号線へ伸びる道、4車線の道路ですが、両端1車線ずつは路上駐車の車が多く、実質的に中央のみの2車線道路と化してました。この西側にある道も路上駐車が多く、個人的に通りたくない道の一つです。

鴨谷池その1

鴨谷池中尾新田古墳跡の北には鴨谷池があります。この池も鴨谷池古窯址群という、古墳時代の窯の跡があったそうです。江戸時代に三本の谷をせき止めてつくられた池で、三本の指をもった恐竜の足跡のような形でしたが、三本の谷の部分は埋められて宅地化されました。

国土情報ウェブマッピングシステム昭和49年度の写真では中央右に鴨谷池が写っています。

鴨谷池その2

鴨谷池のお宮池の南(東だったかな?)に祠がありました。厳重に囲まれてます。池の神さんですか? 周りは駐輪場になってました。

文書更新履歴

2006年10月1日
位置情報をgoo地図からGoogleマップに変更。
鴨谷池の位置指定を中尾新田古墳跡の西からに訂正。
2005年12月10日
情報の「場所」を、goo地図に変更。
2005年9月6日
情報の「場所」を、Googleマップにリンク。地図中心に古墳があったのではないかと思います。中心から100mほど左上(北西)にある丸いものが給水塔。
lf-x1@coomaru.com
公開:2004年12月25日
更新:2006年10月1日
正当な引用の範囲を越える無断転載は一切お断り
Copyright 1999-2007 Mule. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
HTMLメールを送らないで下さい。注意事項を無視したメールは破棄する可能性があります。