藤江中尾古墳【消滅】

情報

藤江中尾古墳画像No.1

名称
藤江中尾古墳
撮影年月日
2004年12月10日
場所
兵庫県明石市西明石西町1丁目
大きさ
直径16〜18m:円墳
時期
古墳時代後期:6世紀前半?
墳丘はすでに消滅、発掘調査で基部が発見され、その後の山陽新幹線工事により1969年末か1970年頃消滅
データの出典
明石史資料(考古編)第4集昭和60年(1985年)3月31日発行 及び 山陽新幹線建設地内 兵庫県明石市中尾古墳調査概要昭和46年(1971年)3月 より

怪説

最初の写真について

昭和44年(1969年)10月16日、山陽新幹線の工事のためブルドーザーによる作業中に古墳時代の須恵器や埴輪の破片が発見され、同年11月28日から12月10日にかけて発掘作業が行われました。

『兵庫県埋蔵文化財調査報告書第4冊 山陽新幹線建設地内 兵庫県埋蔵文化財調査報告書』内の兵庫県明石市中尾古墳調査概要には遺跡全景の写真や古墳付近の地形図がありますが、周辺はかなり変わっているので、現在ではおおよその位置しか判りません。

新幹線西明石駅から高架沿いに西へ少し行くと、谷になっている箇所があります。古墳があったのは、たぶん谷になっているすぐ手前か少し下あたりではないかと思います。

最初の写真は、谷の下から東側を撮影したもの。この上り坂をあがったところあたりに古墳があったのかなと思います。

ちなみに谷を流れているのは藤江川。下流には縄文時代などの遺跡があります。また西にはカゲユ池古墳群があります。

写真その2

画像No.2国道2号線を海側へ曲がり、JRの踏切を渡って、最初のY字路を左へ入ったところから新幹線の高架を撮影。藤江川によってできたのかなと思う谷になってるんですが、住宅のために地形が判りにくいです。

写真その3

画像No.3新幹線高架の坂の上から撮影。たぶんここら辺に古墳があったんじゃないかなと思います。

写真その4

画像No.4坂を上がりきって西明石駅へ行くまでの平地の箇所です。高架の下は公園になっています。

写真その5

画像No.5坂の高架の下の箇所。ただの空き地になってたり、駐車場になってたりしました。

写真その6

藤江川谷の底を流れる藤江川です。川というよりただの狭い溝という感じ。

写真その7

藤江川と青竜神社少し下ると川幅は広がり深くなります。ガードレールの向こう側が藤江川。右手の森は青龍神社です。

写真その8

藤江川河口さらに進むと明石海峡に出ます。左は藤江漁港。

雑文

発掘作業によって円墳があったことまでは判りました。しかし昔から開墾されてたところで墳丘などはすでになく、高さなどは判らないようです。また確認できたのは1基で、他にも存在してたらしいですが面影はなく、現状からみれば確認も不可能という状態とのことです。

文書更新履歴

2006年10月1日
位置情報をgoo地図からGoogleマップに変更。
2005年12月10日
情報の「場所」を、goo地図に変更。
2005年9月6日
情報の「場所」を、Googleマップにリンク。地図中心あたりに古墳があったのではないかと思います。
lf-x1@coomaru.com
公開:2004年12月25日
更新:2006年10月1日
正当な引用の範囲を越える無断転載は一切お断り
Copyright 1999-2007 Mule. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
HTMLメールを送らないで下さい。注意事項を無視したメールは破棄する可能性があります。