寺山古墳【消滅】

情報

寺山古墳画像No.1

名称
寺山古墳
撮影年月日
2004年12月13日
場所
兵庫県明石市魚住町錦が丘二丁目
大きさ
不明
時期
古墳時代後期
すでに消滅
データの出典
明石史資料(考古編)第4集昭和60年(1985年)3月31日発行 より

怪説

最初の写真について

寺山古墳があったんじゃないかと思われる場所をうろついてたら地面が露出している箇所があったので撮影しました。写真の右あたりは『中尾のすがた むかし・いま』という本の写真によると旧石器時代後期の石器等が発掘された「寺山遺跡」があった場所のようです。写真の場所も石器などが出た場所なのかはちょっと判りません。

写真その2

画像No.2国道250号線(明姫幹線)からディック魚住店へ伸びる道に入り、そのまま進んでJRの踏切を越えた場所から撮影。丘のすそ野にあたるところのようです。ここから坂道になってます。

左に行くとJR魚住駅、中尾新田古墳があった場所に行きます。

写真その3

画像No.3かなり急な坂道が多いです。『明石市史資料(考古編)第4集』には位置図がありますが、2004年現在では道が縦横に走る住宅地と化しており、地図とはかなり変わっています。とりあえず「愛老園」という施設を目安にすればだいたいの位置に行けると思います。

このあたりからは、旧石器時代と思われる石器や縄文時代と思われる石の矢じり等が出土していたようです。

丘の斜面になっていて見晴らしがいいかなと思いましたが、住宅が密集していてイマイチでした。たぶん住んでいる方の2階の窓からは明石海峡や淡路島が綺麗に見られるのではないかと思いますがどうでしょうね?

写真その4

画像No.4東のほうにある金ヶ崎の文五郎塚古墳あたりを撮影。中央、空との境に団地が3棟と給水塔が見えますが、そのあたりに文五郎塚古墳があったようです。間に国道2号線や西国街道が通ってます。

写真その5

画像No.5国道2号線金ヶ崎交差点から南へ少し入ったところから、寺山古墳周辺を撮影。遠くになだらかな丘がありますが、だいたい画面中央あたりが寺山古墳があったと思うところです。

雑文

各種形状の埴輪や須恵器などが見つかっているようですが、古墳そのものは発掘調査が行われることもなくすでに破壊されてたようです。

文書更新履歴

2006年10月1日
位置情報をgoo地図からGoogleマップに変更。
2005年12月10日
情報の「場所」を、goo地図に変更。
2005年9月6日
情報の「場所」を、Googleマップにリンク。地図中心あたりに古墳があったのではと思います。
lf-x1@coomaru.com
公開:2004年12月25日
更新:2006年10月1日
正当な引用の範囲を越える無断転載は一切お断り
Copyright 1999-2007 Mule. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
HTMLメールを送らないで下さい。注意事項を無視したメールは破棄する可能性があります。