あさぎり寮古墳

情報

あさぎり寮古墳画像No.1

名称
あさぎり寮古墳
撮影年月日
2004年12月8日
場所
兵庫県明石市明石公園の北端にある野外活動センターあさぎり寮の手前
大きさ
直径10m、高さ1.5m:円墳?
時期
古墳時代後期
林の中
データの出典
明石市史資料(考古編)第4集昭和60年(1985年)3月31日発行 より

怪説

最初の写真について

『明石市史資料(考古編)第4集』を読んで初めて知った古墳です。明石公園の一番北に位置するあさぎり寮は、小学生の時泊まりに来たことがありますが(部屋に大きなムカデが出ました)、今でも市内の小学校は夏に泊に来るのかな。

明石駅からあさぎり寮までは、県立/市立図書館までの距離の倍くらいでしょうか。自転車で行くと楽です。徒歩だと少々疲れるかも。

写真その2

あさぎり寮古墳画像No.2あさぎり寮に入る手前に、公園の看板があります。その後ろの林の中に少しもっこりした場所がありました。本の位置図から見て間違い無さそうです。

写真その3

あさぎり寮古墳画像No.3ぶっちゃけた話、林の中の単なる盛り土という感じ……。

写真その4

あさぎり寮古墳画像No.4頂上に乗ってみました。多少削れていますが円墳っぽいなあという感じはします。

雑文

1973年発行の『特別地域埋蔵文化財 遺跡分布地図及び地名表』には載ってません。見つかった、あるいは古墳と認定されたのは80年代前半頃の話なのかも。

弓道場

弓道場この古墳の西側、坂を下ると弓道場がありました。某ゲームにここが出てくる(明石の、と言うことじゃないんだろうけど)らしい……。公園内には似たような意匠の公衆便所もあります。

織田家長屋門

織田家長屋門ついでに織田家長屋門も。某ゲームの主人公宅として出てくるそうな。明石まで来て取材したのかな。

アメリカ軍の空襲にも焼け残った武家屋敷の跡だそうで、門の前には説明板がたってます。ここの織田家は『新明石の史跡』によると織田信長の父の弟織田信康から始まる家系なんだそうな。家老職として働いてたみたい。

文書更新履歴

2006年10月1日
位置情報をgoo地図からGoogleマップに変更。
2005年12月10日
情報の「場所」を、goo地図に変更。
2005年9月6日
情報の「場所」を、Googleマップにリンク。地図中心に古墳あり。
lf-x1@coomaru.com
公開:2004年12月25日
更新:2006年10月1日
正当な引用の範囲を越える無断転載は一切お断り
Copyright 1999-2007 Mule. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
HTMLメールを送らないで下さい。注意事項を無視したメールは破棄する可能性があります。