参考文献

書籍

手持ちのは『明石こそわがふるさと』のみで、他は図書館で借りたものです。明石市立図書館郷土室で調べるのがベストかもしれません。

市立西部図書館では以前、パソコン関係の本がある棚の左側に明石関係の書籍がありましたが、2005年10月現在配置が少々変わったみたいです。棚に無ければ書庫にあるかもしれませんので図書館の人に聞いて見るといいかも。

明石市史 上巻
著者:黒田義隆
発行:明石市長 岡田進裕
発行日:昭和35年(1960年)3月31日発行
復刊:平成4年(1992年)11月1日発行
明石市史 下巻
著者:黒田義隆
発行:明石市長 岡田進裕
発行日:昭和45年(1970年)11月1日発行
復刊:平成4年(1992年)11月1日発行
明石こそわがふるさと
編者:神戸新聞明石総局
発行:神戸新聞明石総局
定価:700円
発行日:昭和47年(1972年)7月1日再版
明石史資料(考古編)第4集
編集責任者:黒田義隆
発行:明石市教育委員会
発行日:昭和60年(1985年)3月31日
中尾のすがた むかし・いま
編集:明石市中尾土地区画整理組合
発行:明石市中尾土地区画整理組合
発行日:平成元年(1989年)10月
新明石の史跡
監修:石田善人
編集:明石市文化財調査団
発行:あかし芸術文化センター
発行日:1997年7月1日
定価:2000円
明石市史 現代編1
編集:明石市史編さん委員会
発行:明石市
発行日:平成11年(1999年)11月1日

『明石市史 上巻』にはかなり古い写真や図が載っています。『下巻』は明治以後の明石の歴史があり、各地の変貌の様子を捉えるための参考になると思います。市内の伝説も載っています。

『明石こそわがふるさと』も、1972年以前の写真が使われており、当時の様子がよく判る資料です。古墳と食虫植物に興味を持つきっかけになったのがこの本でした。

『明石市史資料(考古編)第四集』は、今回の古墳巡りの中心的な資料になりました。古墳ではないとされた北曲輪古墳や鉄砲塚等はその理由などが載っており、書かれていないのは人丸塚古墳くらいでした。古墳の位置を示す地図は古いのですが、現在のものと比較してある程度の位置を特定することはできます。源太塚の位置は、巻末の第21図「源太塚」地形測量図から現在の位置を特定できます。

『中尾のすがた むかし・いま』は、魚住町中尾(西部図書館あたり)周辺の事のみかなと思ってたら、結構市内の広範囲なことに付いて書かれてます。古代の遺跡などについても載っていますので参考になると思います。

『新明石の史跡』は情報量が多く参考になります。モノクロですが写真も多いです。割と最近出版された本という利点もあります。

『明石市史 現代編1』には付属の地図が5枚あります。1946、7年ごろの地図と空中写真、1998年ごろの地図と空中写真、兵庫県南部地震災害状況マップ。戦後すぐの地図と現在の状況を比べると非常に面白いです。また、人丸塚が古墳ではないとされた件についてのコラムがあります。

文献

以下は書店では取り扱っていないかもしれないものです。明石市立図書館郷土室や明石市立文化博物館で読み、内容の一部をコピーして所有しています。コピー代金はA3やB5等サイズに関係なく1枚10円でした。

兵庫県文化財調査報告書第4冊 山陽新幹線建設地内 兵庫県埋蔵文化財調査報告書
編集:兵庫県教育委員会
発行日:昭和46年(1971年)3月
特別地域埋蔵文化財 遺跡分布地図及び地名 第2分冊
編集:兵庫県教育委員会
発行:兵庫県社会文化協会
発行日:昭和48年(1973年)3月31日
'95特別企画 〜古墳時代の明石〜 発掘された明石の歴史展
編集:明石市立文化博物館
発行日:1995年11月
明石市文化財調査報告第2冊 明石市藤江別所遺跡 ―藤江ポンプ場建設工事に伴う発掘調査報告書―
編集:明石市立文化博物館
発行:明石市教育委員会
発行日:平成8年(1996年)3月31日発行

『兵庫県文化財調査報告書第4冊 山陽新幹線建設地内 兵庫県埋蔵文化財調査報告書』には藤江の中尾古墳調査概要があります。「第21図 中尾古墳付近地形図」としてかなり古い地図がありますが、おそらく『明石市史 現代編1』に付属の1947年ごろの地図と同じものだと思います。

『特別地域埋蔵文化財 遺跡分布地図及び地名 第2分冊』の明石市のところには、1973年時点(もう少し前かも)での各種遺跡の種類や所在地等の一覧表があり、場所を示す市全域の地図もあります。『明石市史資料(考古編)第四集』に載っていない(否定された)ものが結構あります。

『'95特別企画 〜古墳時代の明石〜 発掘された明石の歴史展』は、もしかすると2004年時点で一番新しい明石近辺の古墳の情報が載っている冊子かもしれません。ただ文化博物館に余剰はなく、入手方法としては市立図書館郷土室で一部分をコピーするくらいしか手はなさそうです。

『明石市藤江別所遺跡』には、明石市内の歴史的環境の解説のほか、市周辺の遺跡分布図があり、遺跡の位置を調べるのに役に立ちました。

文書更新履歴

2005年10月26日
誤字や文章のおかしな点を修正。
lf-x1@coomaru.com
公開:2004年12月25日
更新:2005年10月26日
正当な引用の範囲を越える無断転載は一切お断り
Copyright 1999-2007 Mule. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
HTMLメールを送らないで下さい。注意事項を無視したメールは破棄する可能性があります。